溢れ、惑わせ、魅せられ

 

 

2017.07

着物

絹 酸性染料 

 

 

 

染織の型染めという技法を使い、着物を制作しました。着物の柄作りから一枚の”型”におこし、

染めた後仮仕立てに至るまでの全ての工程を手作業で行いました。

沖縄で感じた自然の力強さやうりずんの時期に吹く風、眩しいほどの植物たちの色を、

百日紅(サルスベリ)という花をモチーフに表現しました。余白のある着物を作りたいと思い、

中心の部分はあえて柄のないデザインにしています。来た時の後ろ姿が、余白のある分帯の色や

柄によって楽しめる作品になりました。

 

 

 

 

 

textile 一覧に戻る